保活激戦区で戦うママ【必見】知っている人だけが【得する】保活で絶対行くべき〇〇活用法

こんにちは!管理人です。

管理人は子供2人の保活をした経験上、保活を始めたら絶対に行って欲しい場所があるのですが、皆さんはもう行きましたかね?保活の【全て】を取り仕切っている場所。

今回は管理人が実際に通い詰めた経験談をお話します。全国共通のネタだと思うので、『激戦区保活ママ』は是非お読みくださいね。

スポンサードリンク


保活激戦区で戦うママ【必見】なぜ区役所保育課等に行くといいのか?

まず初めに、これから保活を行う地域の区役所や市役所の【保育課】など、保活激戦区の【保育園入園】に関して全てを把握している担当窓口に、直接足を運ぶことを強くお勧めします。

もう一度言います。
担当窓口に、ますはじめに直接足を運ぶことを強くお勧めします。

 

保活激戦区だからこそ、窓口の担当者と【直接】話す事で、激戦区の保活【現状】を簡単に把握できます。

保活激戦区でもそうでなくても、保活の一番重要な事はたった一つだけ。これから保活するママ達に、保活ブログの管理人がお伝えしたいのは

『正しい情報を、いち早く把握する事。』

その、『正しい情報』は、これから保活をする地域の区役所や市役所以外にありえません。

激戦区での保活のやり方がわらないから、、、と、ネットで情報を集めがちですが、そもそも、その情報、あなたが保活する地域の情報じゃないですよ?

時間の無駄。

自分が保活しない地域の保活情報を読み漁るのは時間の無駄です。激戦区で保活する人ほど、こういった大事な事ににいち早く気づくべきです。

ちなみに、ネットで激戦区の保活情報を調べる時の注意点はコチラ
保活激戦区で戦うママ必見! スマホで効率よく情報収集するためのポイント3

保活激戦区で戦うママ【必見】なぜ区役所保育課等に行くと何がわかるのか?

た と え ば

保活激戦区の【待機児童の数】や、【保活の厳しさ】、【昨年度の入園実績】、【自分の点数で入園できるか】etc.

激戦区で保活する際に一番初めに把握しなければいけない、大事な情報を全て知る事が出来ます。

市区町村によって保育園の制度や点数など全然違いますし、入園を申し込む年度によって制度が変更なっている事があるかもしれません。

さらに新しい保育施設が開園予定等の激レアな情報etc.

いち早く把握できるのは、区役所の保育課かHPぐらいで、足を運ばない限り正確な情報は得られません。

情報がいち早く手に入り、状況を把握できるということは、保活激戦区でもライバルに一歩リードできるということです。

スポンサードリンク


 

保活激戦区で戦うママ【必見】保育課は入園のためのエキスパート集団

保活激戦区に限らず、これから保活をする地域の【保育課】は、保活するにあたって、わからない事があったらとにかくなんでも無料で教えてくれます。

書類の書き方、一番重要な願書の希望保育園の順番、入園できる可能性が高い保育園、落ちた場合の対策(江戸川区なら保育ママの制度がありますよ等)

ぶっちゃけ
管理人は保育課で全部きいちゃいました。全て。

この保育園は人気だから入りにくいですか?ここの保育園だとどうですかね?可能性ありますかね?etc.

聞けば普通に、教えてもらえました。

例えば、『ここの保育園は、だいぶ人気で厳しいからここなら可能性あるかもよ?』

こんな大事なこと、窓口に直接足を運んで、根掘り葉掘り話さないと絶対にわかりません。

絶 対 に

自分の子供が無事に4月入園できるかできないかの超重要な情報です。

最終的に管理人は、入園願書提出当日ギリギリまで、書類の書き方とか親身になってご指導いただきました(笑)

おかげさまで、無事に子供2人を4月入園で認可保育園に入園させることができました。

保活激戦区で戦うママ【必見】保育課で重要な情報を教えてもらえる可能性。

これは本当に大きな声で言えませんが。


激戦区の保活で疑問があるならば
こちらから色々根掘り葉掘り情報を聞き出しましょう。

必死な姿勢を見せれば、相手も一応人間です。こうしたらいいかもしれませんね。とかこういうこともありますからね。とぼんやり差し支えない程度にアドバイスをくれる事もあります。

やはりそこはお役所仕事といえども人間です。どうすればいいか必死こいてる、やばい雰囲気の人にはそれなりの対応をしてくれます(笑)

管理人は、保活中に新園が建設されているのを偶然発見し、区役所の窓口に直接確認しに行きました。これは絶対直接聞いて情報を得なければ!と運命的な何かを感じたので。

当時、まだそんなに知られていない時期でしたが4月開園の新園で、そこは入園しやすいかもしれないと様々な情報を教えてくれました。

気になったことを直接根掘り葉掘り聞き、自分からアクションを起こして行動することで、より貴重な保活情報を得れられる可能性もあります。

保活激戦区で戦うママ【必見】保育課には別の日に何度か通うべし。

激戦区の保活について、どうしても疑問が解決できない、腑に落ちない事があるならば、別の日に行ってみましょう。

窓口の担当者が違えば、同じ質問内容でも、それぞれの視点で話します。
(ベテラン、新人、男性、女性etc,)

何度か通うことで、聞きそびれていたことや、さらに深い内容で教えてくれたり、大事なことに気付いたり新しい情報を得られ流る可能性もあります。

時間や日時を変えて別の担当者にも話を聞くのがおすすめです。(迷惑にならない程度に)

保活激戦区で戦うママ【必見】電話も活用すべし。

 

電話についても同じで、様々な担当者が出て対応しますので担当者が違えば、同じ内容でもそれぞれの視点で話します。

また、窓口で言いにくいことも電話なら話してくれるかもしれません。


私の場合はわからないことがあればとにかく電話をしまくっていました。

これは入園した今も変わらず、何かあればすぐ聞きます。

電話でしか聞き出せない貴重な情報もあるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?今回は『保活激戦区で戦うママ【必見】知っている人だけが【得する】保活で絶対行くべき〇〇活用法』についてまとめてみました。

●保活初心者はまず区役所の保育課に行こう。

●話をたくさん聞いて、情報収拾と自分の保活状況を冷静に分析するための判断材料を得よう。

●保活について疑問が解決できない場合は、同じ担当者だけでなく、様々な時間、曜日でいろんな担当者に話を聞いて情報を聞き出そう。

●窓口だけでなく電話も活用しよう。

激戦区の保活は、とにかく情報を必死に得ようとする姿勢が大事!自分でアクションを起こし、質問しないと情報はもらえません。

上記のポイントをおさえて、情報をしっかり聞き出し保活に役立ててくださいね。

『情弱は激戦区の保活では負ける。』

保活は情報をたくさん把握する事が、何よりも大事です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

=============================

こちらの記事もおすすめだいッヽ( ・∀・)ノ
保活激戦区で戦うママ必見! スマホで効率よく情報収集するためのポイント3

=============================

スポンサードリンク