江戸川区認可保育園0歳児1歳児入園できる人できない人総まとめ【超重要永久保存版】

こんにちは管理人です。

前回情報提供をしてくださった、昨年度保活ママのU子さんと入園について話した時に江戸川区の認可保育園0歳児/1歳児枠の入園で見えてきた事がありました。

今回は『江戸川区認可保育園0歳児1歳児入園できる人できない人総まとめ【超重要永久保存版】』についてまとめたいと思います。

スポンサードリンク


江戸川区認可保育園に入園できる人できない人について見えてきたものとは

という事で、前回当ブログに情報提供をしてくださった、昨年度保活ママのU子さんと入園傾向について話した時に

共通見解で『江戸川区認可園0歳児1歳児入園できる人できない人』について非常に強く共感した部分がありました。

認可私立園、認可区立園、合計5年通い続け、保活にも失敗した管理人の経験と、他の地区で昨年度保活したU子さんとの経験を元に管理人が出した仮説の結論とは。

昨年度保活ママU子さんも『かなり高い確率で当てはまっている』とおしゃってくれたので、これから江戸川区認可私立園入園を希望している方は是非参考にしていただければと思います。

『貧乏』『シングル』『病気』は入園できる。

これは、ブログ内でも常に言い続けてきましたし、入園願書にも記載されている事ではありますが

基本的に江戸川区の保育園は上記に当てはまれば、他の世帯と比較した時に、非常に勝ち目が高くなり入園しやすくなります。

数年前、管理人が保活していた際、人づてにとある江戸川区関係者??から聞いた話なのですが『貧乏』『シングル』『病気』には絶対に保活で勝てない。という言葉でした。

当時は聞き流していましたが、今になってよくよく考えると

認可区立園在園中は『パート保護者』『シングル保護者』『働いているか謎保護者』『多子世帯保護者』『夫or妻外国人保護者』『身内病気保護者』が多く

また、金髪だったり明らかに正社員フルタイムで働いてないよねと謎な保護者がとにかく多かった印象です。

この件に関しては、U子さんも同様の事をおっしゃってて、『ノーメイク、茶髪、デニム、働いているのか謎な保護者が非常に多い』と。

そして、管理人の会社の先輩も激戦区で有名な葛西地区認可私立園に在園していましたが、『とにかく働いているのか謎の保護者が多すぎる』そう言っていたのです。

という事で、総合的に判断すると『認可区立園』は、『家庭が厳しい人が確実に優先されている』のは揺るぎない事実であり、そう言った方がほぼ入園してしまうから枠が埋まる訳です。

そう言った方と『両親フルタイム正社員、第一子、祖父母遠方』の方を天秤にかけた場合

どう考えても認可保育園入園の可能性は低くなるわけです。ってか絶対に勝てない。

一般的な認識だと、『正社員共働き』だから絶対入れるっしょ!ってなりがちですが、江戸川区の場合は『逆』です。

さらに『身内障害』『身内介護』『多子世帯』『夫or妻外国籍』『兄弟加点(双子含む)』も入園できる。

管理人の知ってる人で、『夫外国籍』の方が、大変厳しい事で超有名な駅前認可区立園1歳児枠で入園しています。

さらに知り合いの『夫外国籍』の方が激戦区で唯一0歳児枠で入園できたそうです。

兄弟が多いご家庭の末っ子『多子世帯』の方が1歳児枠で入園しています。

認可区立園在園時『身内介護』されている方が1歳児枠で入園しています。

言い出したらきりがないのですが

以上の点を踏まえて、このような家庭状況のご家庭と『反対に属するご家庭の人』が実は認可園に『落ちる確率が高くなる』と、管理人とU子さんは結論づけました。

認可保育園に入園できない可能性が高いのは実は『両親フルタイム/正社員/世帯年収が高い/第一子/片方or両方の祖父母近隣在住or同居』などの人

という事で、認可保育園に入園できない可能性が高いのは

実は

『両親フルタイム/正社員/世帯年収が高い/第一子/片方or両方の祖父母近隣在住or同居』の人ではないかという事なのです。

簡単に言うと

『家庭状況が厳しい人に比べると【幸せな状況】で、【絶対に認可園じゃなくてもよく】【夫の年収で食っていけるかもしれない】【祖父母に育児を手助けしてもらえる可能性がある】人』

認可保育園に入園できない可能性が高いと結論づけました。

入園願書の書類で区役所の人が厳しい家庭状況の方と比較した場合、どう考えても『認可保育園入園』が『絶対に必要な家庭』とは言いにくいですよね。

認証園』『認可外』『ベビーシッター』『延長保育のある幼稚園』を選択肢でも『問題がないかも』と思われるはずです。※あくまで仮説ですが。

ち な み に

激戦区で0歳児枠に落ちた知り合いは『片方の祖父母が江戸川区在住』でした。年収が低いから入園できると思ったそうですが

『両親共働きフルタイム年収低』でも、『片方の祖父母が江戸川区在住』という点で、ふるい落とされた可能性はあります。

で、管理人が駅前大人気最難関0歳児枠に落ちた時は『両親共働きフルタイム』でしたが、『区内勤務チャリ通』『兄弟加点ナシ』『人気園狙い』だったので落ちたわけです。

今考えれば、勝ち目ないですよね(笑)

し か し

管理人と同じような正社員共働き家庭が、当時この保育園では『13人』落ちています。

要するにフルタイム正社員でも人気園0歳児狙いは元々厳しいわけで、さらに『第一子』だと『家庭状況が厳しい方』や『兄弟加点』と比べたら勝ち目が低いわけですね〜。

だからって、認可保育園に入園できない可能性は【あくまで可能性である】悲観する必要はナシ!

と言う事で、あくまで管理人の仮説ではあるので、ああうちは認可園無理か(´;ω;`)ウッ…ってなる必要はないです。

一概に『絶対そうです』『そうなります』『だから認可園は入れませんよ』とは言い切れないです。

何 故 な ら

『地域』や『年度』によって、江戸川区内の認可保育園の入園希望者も募集数も多少変わるはずだからです。

船堀地区で0歳児駅前保育園希望者の子供が大量にいても、その中で、あなたの通勤時間がぶっちぎりに長くて、だけど年収が低ければ、入れる可能性はあるわけだし

平井地区で突然0歳児認可保育園が建設されるかもしれない

未来はどうなるかわかりません。

あと、保育園を希望するあなたの『家庭状況によって』なので、可能性が全くないわけじゃないです。

なので、『その年の江戸川区内の保活の厳しさは地域や年度によって多少差がある』はずだと思っているので、認可保育園を諦める必要はないと管理人は思っています。

ただ、江戸川区から公開されている資料で『毎年保育園希望者が増え続けている』と言う揺るぎない事実もあるのだけはお忘れなく。

と言う事で、認可保育園に入りたいけど、入れない可能性が高いかもしれない人は、現時点でできる対策は一応、しておくべきかと思います。

認可保育園に入園できない可能性が高いご家庭の【確実な】認可保育園入園対策とは?

まずは、ブログ内で何度も書いていますが、『駅から離れている、不便そうな、新規開設私立園or小規模保育施設を第一希望にする』ことです。

簡単に言うと、利便性が悪くみんなが選ばそうな保育園です。

また、新規開設園第一希望という確実な狙い撃ちで行く戦略です。

あと、希望する保育園の倍率や人気度、兄弟枠入園してくる園児の数などを調べて、その中で募集枠が一番多いかもしれない保育園を第一希望にするのも手です。

あと、昨年度以降に何度も定員割れを起こしている保育園を狙う事です。(今の所そのような保育園は、駅から離れている小規模保育施設が多いと予測しています。)

そして、認可保育園は落ちる可能性が他のご家庭より高そうと予測できるのであれば、『認証保育所』も押さえておく事が重要です。

※新規開設園についてのメリットデメリットに関しては、過去記事をお読みください。具体的に書いています。

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?今回は『江戸川区認可保育園0歳児1歳児入園できる人できない人総まとめ【超重要永久保存版】』についてまとめてみました。

基本的にご家庭状況が厳しい方と比べて、『うちは幸せな方かもしれない』という状況であれば入園しにくいのは【当然】です。

まずはご自分の家庭状況の『冷静な把握』と『他者との比較分析』をしっかりおこなった上で、保育園の希望順位を決めて願書提出にのぞみましょう٩( ᐛ )و

そこさえ間違えなければ、『第一子』でも認可保育園に入園できるはずです。

江戸川保活.comのブログでは保活に関しての疑問や質問を随時受け付けております。ご質問がある方はお気軽にご連絡くださいね♪(´ε` )

お問い合わせはコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんだかんだ保育園ていくらお金かかるの?ちょっとまとめてみた٩( ᐛ )و
江戸川区保育園預けると具体的にいくらかかる?費用値段月謝気になるお金の事を説明します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ねえ、知ってる?保活しながら既に二人目仕込んでるママ多いんだよ!!!!詳しくは記事に書いたけどさ。。。二人目考えている人は読んでみて。
保活が終わったらすぐ妊活?!みんなの二人目事情とは?ワーママ妊活アドバイス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一之江船堀の真ん中にパン屋さんが・:*+.\(( °ω° ))/.:+行ってみて〜!美味しかったよ。でもたまに開いてないウケるお店
江戸川区一之江船堀に美味しい【自家製コッペパン屋】オープンしてたぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサードリンク